NURO光の工事をできるだけ早くしたい人は2回の工事を1回で対応できるオプションを使うべき

目次

NURO光の工事が遅い!早める方法は2回の工事を「パース」システムで同日に予約する事

NURO光を導入するためにはSo-netによる宅内工事、NTTによる屋外工事という二回の工事が必要です。この一回目と二回目の工事の間に長い待ち時間が発生するケースが多いのですが、「パース」あるいは「ウォーク」と呼ばれるシステムで二種類の工事を同日に行える日取りを決めることで同日対応オプションを利用することができます。同日工事が実現できれば開通までの期間は大幅に短くなります。

NURO光の同日工事が可能なのは戸建住宅にお住まいの方限定

二度の工事が必要になることなどから開通までに時間のかかることが多いNURO光ですが、二度の工事を同日に行う同日対応オプションを申し込むことで開通までの期間を短縮することが可能です。ただしこのオプションは現在、戸建て住宅との契約にしか対応していません。申し込みの窓口や利用可能な地域も限定されているので、誰でも確実に利用できる保証はない点は留意しておきましょう。

NURO光の「パース」システムは公式サイトか一部の代理店のみ使える

NURO光の開通に必要となる二度の工事を同日にまとめることのできる「パース」システムはSo-netとNTTという別々の会社のスケジュールを同時にチェックして工事予定日を擦り合わせる複雑なものとなっています。そのため現在利用可能なのはNURO光の公式サイトと一部の代理店に留まっています。また公式サイトから申し込んだとしても環境によっては確実に同日工事が可能になるとは限らないので注意しましょう。

NURO光の開通時期は最低1〜2ヶ月は見ておく必要がある

NURO光はその仕組みから、開通までにSo-netによる一度目の宅内工事とNTTによる二度目の屋外工事、二回の工事が絶対に必要になります。特に二度目の工事はSo-netの宅内工事が終わり次第、NTTに連絡が入り改めて工事日を設定することになるため繁忙期には非常に時間がかかってしまう場合があります。NURO光を導入する際には開通まで最低1〜2ヶ月は余裕を見ておきましょう。

NURO光の屋外工事が遅いのはSo-netからNTTに申込をする必要があるから

NURO光の開通が遅れる主な原因は一度目の宅内工事のあと、二度目の屋外工事が実施されるまでに長期の待ち時間が発生する点にあります。最初の宅内工事を担当するのはSo-netなのですが、屋外工事を担当するのはNTTです。そのため宅内工事終了後、改めてSo-netからNTTに工事申し込みが出され二度目の工事予定が組まれることになります。このタイムラグが屋外工事の遅れに繋がります。

NURO光の屋外工事状況の連絡が10日過ぎてもない場合は、NUROサポートデスクに電話で督促

自宅にNURO光を開通させるまでには二回の工事が必要です。一回目のSo-netによる宅内工事が終わると次にNTTが担当する屋外工事の準備に移りますが、この準備には長い時間がかかることが多く工事日が一向に決まらないケースもあります。宅内工事の完了後、10日以上経っても進捗状況がわからない場合にはNURO光のサポートデスクに電話で確認を取るようにしておきましょう。

NURO光を賃貸で使う時の注意点は、大家さんに屋外の回線工事の穴あけ許可の確認を取ること

基本的にNURO光は賃貸住宅でも導入可能です。ただし導入に際しては大家さんの許可と理解が必要になります。NURO光はその仕組みから、建物に回線を引くための穴開けや部品を取り付けるためのビス留めをしなければいけない場合があります。これを大家さんに無断で行うと大きな問題になってしまう可能性が高いため、NURO光の導入前には大家さんに必ず穴開けの許可をもらっておきましょう。

NURO光の建物所有者向けの説明資料を使って大家さんの許可を貰おう

戸建ての賃貸住宅や賃貸マンションでNURO光を導入するためには、大家さんの理解と協力が絶対に必要になります。しかし他の光回線とのシステムの違いや工事の重要性などを自分で詳しく説明できる人は少ないでしょう。そんな時にはNURO光の公式サイトに用意されている建物所有者向けの工事資料を読んでもらいましょう。大家さんの不安を解消できれば設置許可も出してもらいやすくなります。

NURO光の外壁工事で光キャビネットで穴あけは必要だが、両面テープでも行けるようになった

NURO光の屋外工事において、外壁への穴開けが必要になる作業の一つに光キャビネットの取り付けがあります。電柱から伸ばした回線を建物側に引き入れる際の重要な部品ですが、これを外壁に固定するには従来は壁に小さな穴を開けてビス留めをするしかありませんでした。しかし現在ではビス留めができない場合には特殊な両面テープを使って光キャビネット取り付けができるようになっています。

NURO光を賃貸で利用していた時の退会時の工事は、光コンセントを残してもいいと言われた場合は不要

賃貸住宅でNURO光を導入していた場合、退会時の光コンセントの扱いには注意が必要です。もしも賃貸契約に部屋の原状回復の義務がある場合、大家さんの許可がない限りは自費で光コンセントの撤去工事を行う必要が出てきてしまうからです。そのためNURO光の導入時には光コンセントの将来的な取り扱いについても、あらかじめ話し合って決めておいた方がいいでしょう。

NURO光を使い終えた後の現状回復が必要な場合は、撤去工事費に10,000円が必要

賃貸契約を解除する際には借りていた物件を入居前の状態に戻す原状回復のための修繕費用を支払う義務があります。一般的に経年劣化による建物の傷みなど不可抗力に属する変化は問題になりませんが、借り手の過失によるダメージや個人的に追加した設備などは自己負担で元に戻さなければなりません。NURO光の設備を撤去する場合は、撤去工事費として10,000円の費用がかかることになります。

NURO光を大家さんに無許可で工事するのはNG

賃貸契約で入居している物件にNURO光を導入する際には大家さんの許可を必ず取っておきましょう。無許可で工事を進めれば深刻なトラブルに発展することは間違いありません。物件に無断で穴開けなどの加工を施してしまうと莫大な違約金を要求される可能性もあります。また許可を得るにしても工事内容を正確に伝え、退去時にNURO光の設備を残すのか撤去するのかも含めて最初に決めておくことが重要です。

会社の寮にNURO光を引けるかは会社次第!総務に確認しよう

会社の寮に住んでいる場合、そこにNURO光を導入可能かどうかは寮を管理する会社側の判断次第となります。詳しくは会社の総務部に確認して交渉するより他にはありません。また許可が降りたとしても寮の建物によっては契約内容や工事の難易度にも変化が生じてきます。事前にNURO光の公式や代理店に相談をして、どのような形での導入が可能であるのかしっかりと詰めておくようにしましょう。

NURO光の工事費は使い続ける事で実質無料になるが、解約時は残債に注意

NURO光の工事費は公式や代理店のキャンペーンを利用すれば実質無料となります。ただしこの実質無料とは月々の分割払いを同じ額の割引で相殺する形式となっているため、規定の期間NURO光の契約を続けなければ割引が途中で終わってしまい残債はそのまま支払う必要が出てきます。戸建て契約の場合、40,000円の工事費を無料にするまでにかかる期間は開始2ヶ月目〜31ヶ月目に当たる30ヶ月間です。

NURO光の工事費は40,000円と他の光回線より高いが、30ヶ月使う事で実質無料になる

NURO光は開通までに二度の工事が必須になることなどから他の光回線工事と比較して工事費用が総額40,000円と高めに設定されています。しかしこの工事費はキャンペーンを適用することで実質無料とすることが可能です。戸建て契約の場合は毎月分割での1,333円の請求を毎月1,334円の割引で相殺する形となり、30ヶ月間の利用継続で工事費が完全に割引されることになります。

NURO光 for マンションの工事費も40,000円だが、36ヶ月使う事で実質無料になる

集合住宅向けの契約プランであるNURO光 for マンションにおいても、40,000円の宅内工事費用を実質無料にするキャンペーンが行われています。ただし戸建て向け契約の場合とは実質無料が成立するまでの期間に違いがあります。戸建て向け契約での割引が30ヶ月間で完了するのに対して、NURO光 for マンション契約では36ヶ月間の契約継続が必要になります。

NURO光の工事費の違約金は無いが残債がある場合は一括で払う必要あり!ただし2年継続契約の違約金は解約月以外の解約だと9,500円(税抜き)が必要

NURO光を導入するには40,000円の工事費用がかかります。これはNURO光を使い続けていれば月々の割引によって実質無料となりますが、全ての工事費用が割引される前にNURO光を解約してしまうと残債を一括で支払うことになってしまいます。また通常は解約に違約金はかかりませんが、いわゆる2年縛りの継続契約を結んでいた場合は更新月以外の解約だと税抜き9,500円の違約金が発生します。

引越し先でもNURO光を使う場合は工事費残債や違約金を払う必要なし!ただし、新規キャンペーンで契約するのとどちらがお得かを比較するべし

NURO光には引っ越しをする利用者に向けた移転特典キャンペーンが存在しています。この特典を使うと工事費の残債や違約金が免除され、引っ越し後の住居でもメールアドレスなどを変更することなくNURO光を使い続けることができます。ただし、改めて新規向けキャンペーンを利用して契約し直した方がお得になることも多いので、引っ越しの際には双方のメリットとデメリットをよく比較しておきましょう。

NURO光の工事費の請求は分割払いのみで、一括払いができない

開通工事に40,000円の費用がかかるNURO光ですが、この工事費については月々の利用料金に分割で上乗せされ、それを同額の割引で差し引きゼロにするという形での支払い方法のみとなっています。たとえば先に一括で工事費を支払ってしまい、その代わり月々の料金を割引ぶん引き下げる形にはできません。分割払いが苦手な人には少し残念かも知れませんが、実質的な不利益は何もないので安心しましょう。

NURO光の土日祝の工事費は+3,000円(税抜)が必要

NURO光の開通までには二回の工事が必要になります。その工事費用はキャンペーン適用で実質無料にすることができますが、他にも追加費用がかかるケースがあります。特に気をつけておきたいのが土日祝日に宅内工事をする場合に発生する税抜き3,000円の追加料金です。NURO光の工事には立ち会いが必要なため土日祝日に工事をしてもらいたい人は多いと思いますが、少しでも費用を削減したいなら工事は平日に設定しましょう。

NURO光の屋外工事の時間はオンライン予約か開通センターへの電話で行う

NURO光の開通までには宅内工事と屋外工事、二度の工事が必要です。工事の予定決めは公式サイトから特別な申し込みをする以外の場合には、先に宅内工事の日程を決めそれが終わったあとで改めて屋外工事の日程調整を行うことになります。希望する予定日はオンライン工事予約のシステムを使うか開通センターとの電話連絡で指定することが可能です。正式に屋外工事日が決定したあとはメールと電話で詳しい情報が送られてきます。

NURO光の屋外工事のキャンセルは2日前までならOK

NURO光を導入するには二度の工事が必要ですが、この工事にはどちらも立ち会いが求められています。工事を予定していた日に急用が入ってしまった場合、二度目の屋外工事であれば2日前までにならキャンセルの申し出が可能です。ただし一度キャンセルしてしまうと工事日時は改めて調整し直すことになります。通常でも1ヶ月以上はかかる工事日調整をもう一度やり直すことになる点は覚悟しておきましょう。

NURO光の屋外工事はオンライン工事予約から午前と午後から選択可能

NURO光の工事には立ち会いが必要になりますが、丸一日そのために予定を空けておくのは難しいという人も多いでしょう。そんな時はオンラインでの工事予約システムを使って、工事予定の時間帯を午前か午後かまで細かく指定しておくと便利です。オンライン工事予約システムはサポートページからSMS送信をすることで利用可能になり、スマートフォンからも工事予定の確認や変更ができるようになります。

NURO光の屋外工事は前日までに当日訪問時間の連絡が来る

NURO光の屋外工事は最初の宅内工事から1ヶ月以上の期間を置いて行われることがほとんどなので、予定していた工事日のことをうっかり忘れてしまう事態もあり得ます。工事には立ち会いが必須なため、予定を合わせられないと永久にNURO光は開通できません。屋外工事予定日の前日までには必ず確認の電話がかかってきますから、そこで作業員の正確な訪問時間などを聞き当日の予定を改めてチェックしておきましょう。

NURO光の屋外工事変更はオンライン工事予約からか、開通センターへの電話で可能

どうしても当初の予定が合わなくなりNURO光の屋外工事予定日時を変更したくなった場合には、オンライン工事予約システムを使うかNURO光開通センターへの電話連絡で対応してもらうようにしましょう。特にオンラインの工事予約システムはスマートフォンからも利用できるため便利です。ただし改めて別の工事予定を立てると再び待ち時間が発生することは避けられないので注意しましょう。

NURO光の屋外工事で土日を希望する場合は、土日祝日工事費が追加でかかります

立ち会いが必要なNURO光の工事予定を休日に設定しておきたいという人は非常に多く存在します。そのため土日祝日の工事には追加料金がかかるといったデメリットも用意されています。しかし、それでも土日祝日の工事はすぐに予約が埋まってしまうことが多く、予定の合う日取りを待つと数ヶ月も先になってしまうケースもあります。土日祝日の工事を希望する場合はそういった問題を気に留めておきましょう。

NURO光の屋外工事も在宅しておく必要あり

NURO光の開通までには宅内工事と屋外工事、二回の工事の両方に立ち会う必要があります。このうち宅内工事は作業員を家に入れることになるため立ち会いの必要性はわかりやすいと思います。一方で屋外工事は外での作業のため、立ち会いなしで勝手に進めて欲しいと思ってしまう人もいることでしょう。しかし屋外工事においても家の外壁に加工を施すなど家主の許可を求める作業は多いため、やはり立ち会いは必須となっています。

NURO光の屋外工事の内容は電柱から光ケーブルを引き込む工事

NURO光を開通させるために行われる二度の工事のうち、二度目の屋外工事の具体的な内容はNTTによる光ケーブル回線の宅内引き込み工事となります。工事自体はシンプルですが、電柱から光ケーブルを伸ばすのに専用車両を使うなど大掛かりな作業もあるため、一時的に家の前の路面が塞がれてしまう可能性もあります。狭い路面の場合には工事前にご近所に一声かけておく配慮も考えておきましょう。

NURO光の屋外工事が不要になる場合は無い

NURO光の二度の工事はどちらも必須となっています。宅内工事については以前からある設備がそのまま使える可能性もありますが、それを確認するためにも工事担当者を家に入れる必要があることには変わりありません。屋外工事の場合、NURO光用の光ケーブルの設置は確実に新しく行うことになりますから、屋外工事が不要になるケースはゼロであると思っていいでしょう。

NURO光の屋外工事予約はオンライン工事予約からか、開通センターへ電話で行う

NURO光の開通タイミングは二度目の屋外工事が終わったその瞬間です。屋外工事の予定日は担当するNTTの混雑状況を見て決められるため、好きな日時を必ず指定できるわけではありません。しかしオンライン工事予約システムを使ったりNURO光の専用電話窓口である開通センターからであれば、NTTの都合のつく日を探して予約指定ができるようになります。最短で在宅立ち会いが可能な日を予約しておきましょう。

NURO光の宅内工事の時間帯予約は申込時に宅内工事希望日を選択したかどうかで変わる

NURO光を公式サイトから申し込んだ場合のみ、一緒に宅内工事日の予約をすることができます。代理店を経由して申し込みをした場合、宅内工事の予定決めは後回しになるため最速でNURO光を開通させたいのであれば公式サイトからがおすすめです。また、申し込み時に宅内工事予定日を指定すると更に工事タイミングを午前か午後かで時間帯指定できるようにもなっています。半休しか取れない場合などは上手く活用しましょう。

NURO光の工事には光回線を呼び込む引き止め金具をつける必要があるが、穴あけではなく両面テープの選択肢もあり

光ケーブル回線を家に引き込むに当たっては、ケーブルを固定するための引き止め金具を設置する必要があります。ただし、これは家の形状や家具の配置によって具体的な作業内容が変わってくるためケースバイケースでの対応となります。基本的には壁に穴を開けて金具を打ち付ける方が安定するのでそちらが推奨されますが、壁を傷付けたくない場合や壁が脆い場合などには両面テープを使って作業することも可能となっています。

NURO光の宅内工事の変更は電話窓口かオンライン工事予約から調整可能

一度目の宅内工事のスケジュールは、公式サイトから申し込んだ場合はその時点で指定することが可能です。代理店経由の場合には電話やメールなどで連絡を取り合い日程を決めることになります。もしも一度決めた宅内工事のスケジュールを調整しなければならない時には、NURO光の開通センター窓口に電話をするかオンライン工事予約システムを使って変更手続きを行いましょう。

MDFも光キャビネット取り付けでも、NURO光の工事で配管がある方が工事がスムーズ

戸建て物件にNURO光を通すには光キャビネットの取り付けが必要です。マンションの場合はMDFと呼ばれる大量の配線をまとめておく主配線盤が設置されていて、そこを経由して各部屋に光ケーブルを伸ばすことになります。どちらの契約の場合であっても光キャビネットやMDFを通過したあとは既存の配管などを利用して光ケーブルを宅内まで伸ばしていくため、工事をスムーズに進めるには配管の存在が重要になります。

NURO光の工事で空配管があると、光ケーブルを室内まで引き込むことが可能

NURO光の工事で光ケーブルを室内に引き込んでいく際に、重要となるのが空配管の存在です。電話線の配管など、あらかじめ外から中へとケーブルを通すことのできるルートが確保されているのであれば新たな工事をほとんど行うことなく簡単に光ケーブルを通すことができます。電話線の配管が利用できない場合にはエアコンのダクト穴などを使うことになりますが、それも難しいと新たに壁に穴を開ける必要が出てきます。

外壁に光キャビネットを設置する方法でのNURO光の工事で配管が無い場合、エアコンダクトを利用するか壁の穴あけが必要

NURO光の工事では先に光キャビネットの取り付けを行ってから光ケーブルを通すことになります。最初の宅内工事の段階で電柱からの距離と利用可能な配管の位置などを考慮して光キャビネットの取り付け箇所を決定しますが、適切な位置に配管がない場合には代わりにエアコンのダクトを使うことになります。もしエアコンのダクトも使えないとなると、改めて壁に配線用の穴を開けることになります。

マンションでNURO光を使う場合の宅内工事は戸建ての工事と大きく変わらない

NURO光の契約には戸建て物件向けのものとマンション向けのものがあります。契約内容や工事の具体的な流れは戸建て契約とマンション契約で微妙に異なってきますが、二度の工事が必要になることなど多くの点では共通しています。特に一度目の工事に当たる宅内工事については、外からの光ケーブルの引き込み計画を立てて調整を行うなど基本的には戸建てでもマンションでも同じ内容の工事となっています。

NURO光の開通までの流れは戸建て向けプランとNURO光 for マンションで変わる

通常の戸建て向けNURO光契約と、集合住宅向けのNURO光 for マンション契約では開通までの流れに若干の違いがあります。最大の違いとしては、戸建ての場合は家の外壁に光キャビネットを取り付ける工程がマンションではMFDの利用に変わります。MFDとは集合住宅の配線の大元となる部分で、更に各階ごとにIDFという配線盤に分配され各部屋へと光ケーブルが伸ばされることになります。

NURO光の配線方式はVDSL方式ではなく光配線方式で高速

マンションなどの集合住宅に光回線を引く場合、建物の構造やNTTからの認可によって方式が変わってきます。古い建物では一般的にVDSLという方式が採用されていますが、これは光ケーブルを集合住宅の主配線盤であるMDFまでしか通さず、各部屋への回線は既存の電話線を使うものとなっています。そのため本来の光回線の速度は望めません。NURO光は光ケーブルを直接各部屋に繋げる光配線方式のため高速通信が可能です。

NURO光のVSDL方式採用のマンションでも光配線方式の工事も可能

古いタイプのマンションだと光回線を導入したとしてもVDSLという非常に通信速度の遅い方式になってしまいます。VDSL方式かどうかはマンションが建設された時点で決まっているので、たとえオーナーの許可があったとしてもNTT側の都合で変更はほとんど認められません。しかしNURO光のようなNTT以外の光回線に変更するのであれば、VDSL方式のマンションでも高速な光配線方式を導入することができます。

マンションで誰もNURO光を使っていない場合は、新規でボックス(MDF)をつける必要あり

NURO光 for マンションは基本的にはすでにマンション側でNURO光の受け入れ態勢が整っている場合に契約可能なプランとなっています。具体的にはマンションの各階への配線をまとめたMDFと呼ばれる主配線盤があることが最低条件になります。マンション内でまだ誰もNURO光を使っておらず状況がわからない場合は大家さんと一緒に建物を調べて、必要ならMDFを新規に追加しましょう。

NURO光の光ローゼットは光コンセントが宅内に無い場合につける光コンセント

NURO光の工事では引き込んだ光ケーブルを光コンセントに接続します。光コンセントがあらかじめ建物に設置されていない場合は新規に取り付けることになります。光コンセントには光アウトレットと光ローゼットの二種類があり、光アウトレットは既存の電話線の配管を使った場合に壁に埋め込むタイプ、光ローレットはエアコンダクトや新たに壁穴を開けた場合に用いる外付けタイプのコンセントとなっています。

NURO光の光ケーブルの引き込み工事の方法は3つあるが、どの方法になるかは工事スタッフが現場を見ないと判断できない

NURO光の開通前に行われる光ケーブルの宅内引き込み工事には三つの方法があります。一つ目は既存の電話線配管を利用する方法、二つ目はエアコンのダクト用の穴を利用する方法、最後の三つ目が新たに壁に小さな穴を開ける方法です。電柱との距離や外壁に取り付ける光キャビネットの位置によって実際にどの方法が可能になるかは変わってくるため、工事方法は当日にスタッフが判断することになります。

NURO光 for マンションの現地調査は申込を快諾したマンションオーナーから優先的に行われる

集合住宅用のプランであるNURO光 for マンションの契約を進めるためには利用者だけでなくマンションのオーナーの許可が必要です。NURO光を導入することが可能なマンションであるかどうかは先にスタッフが現地調査を行なって判断しますが、この現地調査はNURO光からの調査申し込みを快諾してくれたオーナーのマンションから優先して実行されます。オーナーには必ず話を通しておきましょう。

NURO光 for マンションの「マンション現地調査中」のステータスはマンションオーナーとの交渉が終わり工事にすすむのを待っている状態

NURO光をマンションに導入するためには先にオーナーからの要望書を受理して現地調査を進める手続きが必要になります。NURO光の開通までの進捗状況を示すステータスが「マンション現地調査中」となっている場合は、オーナー側との交渉は終わり実際に現地調査を待っている状態となります。マンションの構造と契約内容が条件を満たしていると判断されれば宅内工事、屋外工事と進むことになります。

NURO光の事前調査は工事日当日に行われるが、調査に基づいた工事内容に不満であればキャンセルできる

NURO光には二度の工事がありますが、厳密には最初の宅内工事の前に本当にNURO光が導入可能な条件を満たしている現場かどうかをスタッフが実際に見て判断する事前調査が行われます。この段階で何か不都合が見つかった場合にはその時点で工事をキャンセルすることができます。たとえば大家さんの許可を得ていなかったり、工事内容に不満があるといった際には一旦キャンセルして改めて計画を見直してみましょう。

NURO光の戸建工事は外壁に光キャビネットの取り付けが必要

NURO光を開通させるためには二度の工事が必須となります。戸建て契約の場合には最初の宅内工事で家の外壁に光キャビネットという装置を取り付けることになります。この光キャビネットは電柱から伸ばした光ファイバーケーブルと宅内に引き込むケーブルのいわば中継地点となるもので、その取り付け場所によってケーブル配線の難易度が変わってくるため非常に重要な工事となっています。

NURO光の戸建工事は光ケーブルの引き込みは2階部分から引き込むことが一般的

戸建て契約プランでNURO光を利用する際、電柱から宅内への光ファイバーケーブル引き込みは二階部分を使って行われることが多くなっています。これは電柱からの距離が近いほどケーブルが短くて済み、のちに損傷する危険性も減らせるためだと思われます。配管やエアコンダクトが一階にしかない場合にはそれだけケーブルを長く伸ばすことになるため、二階部分に新たに穴を開けた方が効率が良いケースもあります。

NURO光の配線方式として地下ピットを使って光ファイバーを引き込む場合もあり

NURO光の光ケーブル引き込みは戸建て契約でもマンション契約でも基本的には外の電柱から外壁を通して行われます。ただし周囲の電柱が地中化されていたり、周辺の環境によっては一旦地下スペースを通す工事が行われることもあります。マンションは地下ピットと呼ばれるメンテナンス用の空間に配線が集められていることも多いため、光ケーブルもそこを経由することになります。

NURO光の工事に関するサポートの連絡先はNURO光開通センターに連絡

NURO光には電話での相談窓口となるコールセンターが三種類用意されています。このうち、NURO光の申し込みから開通までのサポートを専門に行っているのがNURO光開通センターです。開通までの工事にまつわる相談やトラブルの報告先はこの開通センターになります。他の番号に連絡しても仕方がないので利用する際にはもう一度、開通センターの電話番号を確認しておきましょう。

NURO光の工事トラブルの多くは工事日調整が上手くいかな事と調査してみたところ工事ができなかった事

残念ながらNURO光が開通するまでにトラブルを経験したという意見も見受けられます。その代表的な内容は主に二度の工事に関することで、特に工事の日程がなかなか決まらず開通までに予想以上の時間がかかってしまうといった不満の声は多く聞かれます。また、せっかく工事を申し込んだのに現地調査の結果NURO光の開通見通しが立たず、結局工事を断られてしまったというケースも多いようです。

NURO光の工事のクレームはNURO光開通センターへ連絡

NURO光の導入までに行われる工事において、何かトラブルや疑問点が発生した場合にはなるべく速やかにNURO光の開通センターに電話連絡を入れておきましょう。単純なクレームであっても様々な情報を上げておくことには意味があります。クレームの内容が実は深刻なトラブルの前触れになっていることもありますから、安全確実にNURO光を導入するには開通センターへの連絡は遠慮なく行っておいた方がいいでしょう。

NURO光の工事の日程の取りにくさを「詐欺」という口コミをする人も存在

NURO光に関する口コミのなかには工事の日取りがいつまでも決まらず詐欺にあった気分だといったネガティブなコメントの数々も目に付きます。これはNURO光が二度の工事を必要とする特殊なシステムであるのに加えて、特に二度目の屋外工事がNTTとの日程調整で延期されてしまうケースが多いことに問題があります。他の光回線と開通までの時間を比べると、ある程度ネガティブな口コミが増えるのは仕方ないかも知れません。

NURO光の光ケーブルが断線した場合はプロバイダ側が分かる仕組みになっている

NURO光開通後のトラブルとして、光回線の断線あるいは接続不良というものがあります。この原因を調べるには光回線のどの部分に障害が発生しているのか、段階ごとに切り分けて調査する必要があります。細かくどの時間に回線障害が発生したのかについてはプロバイダー側で取っているログを参照すれば正確にわかるようになっているので、開通後の相談窓口であるテクニカルセンターに連絡して調べてもらいましょう。

NURO光の工事の様子を書いたブログは時期も環境も違うので参考程度に

光回線の導入に際しては契約や工事についてなど事前に調べるべき事柄も多くなります。特にNURO光の場合は工事が二度必要になるなど他の光回線とは勝手の異なる部分が多いため、すでに導入を終えた人達の体験談を頼りたくなるのも当然といえます。ただしブログなどにある他人の体験談は執筆時期も導入環境もバラバラですから、自分の状況と必ずしも一致するわけではありません。参考にする際は十分注意しましょう。

NURO光の工事が2回あることが「面倒」との口コミ多数

NURO光の口コミ情報を調べていくと、やはりNURO光独自のシステムとして宅内工事と屋外工事の二度の工事が必要になる点を「面倒」と評している人が多く見られます。単純に工事の日程を決めるだけでも二度手間は敬遠されているのに加えて、NURO光の二度の工事にはどちらも立ち会い必須という条件もあります。家に居られる時間が限られている人であるほど、この工事に関する評価は厳しくなってくるようです。

NURO光の工事を土日・祝日に行うと追加3,000料金が必要

NURO光を開通させるまでには宅内工事と屋外工事、二回の工事を行う必要があります。この二回の工事はどちらも家人の立ち会いが条件になっており、作業員に勝手に進めてもらうわけにはいきません。そのため土日や祝日にしか工事立ち会いのスケジュールを立てられないという人も出てきますが、土日祝日に工事日を設定すると追加料金として3,000円が発生する点は気をつけておきましょう。

NURO光 for マンションの工事で設備導入承諾書を書いてもらえると設備導入工事完了までのお時間が短縮可能

NURO光 for マンションの契約を進めるにはマンションのオーナーからの承諾書を得る必要があります。通常はまず利用者の側がオーナーに要望書を提出し、それを元にオーナーが承諾を出す形になります。ただし利用者側とオーナーが先に話し合いを終えておき、いきなり設備導入承諾書をSo-netに提出することも可能です。先に設備導入承諾書を送った方が交渉の手間が省かれ開通までの期間は短くなります。

NURO光の工事では光コンセントの設置場所は決めておいたほうが良い

NURO光の宅内工事において、光キャビネット取り付けと並んで重要になるのが光コンセントの設置です。多くのケースでは光コンセントには既存の壁面端子を置き換える光アウトレットを使用します。しかし光コンセントの位置は光回線の終端装置であるONUの置き場所を実質的に決定してしまうため、NURO光を有線で利用したい場合などには光コンセントとONUの位置決めにはより慎重になる必要があるでしょう。

NURO光の宅内工事は引越しすぐで電気の開通はなくても可能

引っ越しの際に新居に入る前のタイミングでNURO光の契約をすると、宅内工事の段階でまだ電気が通っていない可能性も出てきます。光回線は既存の電話配線やコンセントの位置を利用して追加することになるので電気に関する各種配線の存在は非常に重要ですが、宅内工事の段階だと電気自体が通っている必要はまだありません。電力が必要になるのはあくまで屋外工事後の開通時になります。

NURO光のONUを情報分電盤に入れるパターンもあり、配線周りをスッキリさせたい人はおススメ

インターネット回線など、家中に張り巡らされる配線をすっきりとまとめるために設置されるのが情報分電盤です。情報分電盤には光回線用のONUを収めることもできるようになっているため、新たにNURO光を導入した際も配線を極力目立たないようにすることが可能です。ただし外からの光ケーブルの引き込み場所は電柱との位置関係からも変わってきます。情報分電盤まで上手く繋がるように調整をお願いしておきましょう。

賃貸物件でNURO光を使いたい場合は、工事調査(撮影)をして工事予定の図面を先にもらう方が得策

賃貸物件でNURO光を導入するためには大家さんの許可が必要になります。しかし具体的にどんな工事をして、物件のどこにどの程度の穴開けや加工を施すのか事前にわかっていなければ大家さんとしても許可の出しようがないといった事情もあることでしょう。そんな時は実際の工事の前に調査の撮影だけをしてもらい、工事予定の図面を出してもらうのが得策です。その図面を元に大家さんと交渉してみましょう。

NURO光の工事は無派遣工事ではできない

NURO光の開通までに行われる二度の工事は、必ず派遣されてきた作業員が実施することになります。工事の方法がわかっていたとしても正式な資格と許可を持たない人が光回線の工事を行うことはできないので、作業員を待たず勝手に工事を進めるのは絶対に禁止です。一度目の宅内工事ではSo-netから派遣されてきた関連会社の人が作業し、二度目の屋外工事はNTT関連の人が作業をすることになります。

NURO光の有償工事は大きく5つあります

NURO光の基本工事料は実質無料化されていますが、他に有償の工事も用意されています。主に5パターンの有償工事があり、1つ目は宅内工事に合わせてLANケーブルの延長追加配線を行う工事、2つ目は屋外にLAN配線やTEL配線を新たに追加する工事、3つ目は宅内に光電話用の新たなTEL配線を敷く工事、4つ目は既存の光コンセントやONUを別の場所に移設する工事、そして5つ目がNURO光の撤去工事となります。

NURO光のLAN配線工事は7,980円で2本目以降は1本3,000円

有償で行えるNURO光の工事は五種類あり、そのうちの一つはLAN配線の追加工事となっています。壁の中に埋め込むLAN配線を増設することで、ケーブルを目立たせることなく有線でNURO光をパソコンなどに繋げるようになります。LAN配線工事の費用は最初は7,980円、二本目からは3,000円になります。有線で繋げたい機器がONUと離れた位置にしかない場合にはLAN配線工事を検討してみましょう。

NURO光の使えるようになるまでの導入期間は2ヶ月以上は見ていたほうが安心 

NURO光の導入において最大の障壁となるのが工事完了までの待ち時間の長さです。一般的な光回線の場合は申し込みから1ヶ月以内で開通しますが、NURO光は二度の工事が必要なのに加えて二度目のNTTによる屋外工事のスケジュールがなかなか決まらないケースが多くなっています。そのため、NURO光の申し込みから開通までの期間は少なくとも2ヶ月以上を見積もっておくのが無難です

NURO光の乗換工事で注意するのは光回線を使えない期間を予測すること

光回線を他社から乗り換える場合、タイミングによっては光回線を使えない期間が生まれてしまいます。特にNURO光は工事の完了までに時間がかかることが多く、他社からの切り替えがスムーズに進まない場合もあります。最低限、光回線が使えなくなる期間がどの程度になるのかを予測してあらかじめ対策を取っておくようにしましょう。たとえばNURO光では契約者向けにWi-Fiレンタルが用意されています。

NURO光への乗換の手順と手続きで気をつけるべきは、電話番号を引き継ぐかどうか

光回線契約では多くの場合、ひかり電話というIP電話サービスを合わせて提供しています。光回線を他社から乗り換える際は電話番号の扱いに気をつけましょう。MNP(ナンバーポータビリティ)を利用できるのはNTTが固定電話用に発番した、電話加入権を持った番号だけとなります。別会社で新規発番したIP電話番号は引き継ぐことができません。またMNP手続きは状況ごとに注意点が異なるのでよく調べる必要があります。

NURO光の開通工事が不要の場合はなく、必ず必要

NURO光を使うためには開通工事を必ず行う必要があります。たとえばすでに他の光回線を使っていて乗り換えでNURO光と契約した場合であっても、新たな工事を行わず回線だけをNURO光に切り替えて使い続けるというわけにはいきません。NURO光は特殊なシステムを導入しているため、実際に導入可能な環境であるかどうかをチェックしてから二度の工事を進める手続きが絶対に必要になります。

NURO光で工事できない場合は無料でキャンセル可能

NURO光の申し込み後は宅内工事の予定を決めることになります。この宅内工事ではまず最初に作業スタッフが現地調査をして、本当にNURO光が導入可能な環境であるかどうかを判断することになります。もしこの段階で工事が不可能だと判断された場合には、無料で申し込みをキャンセルすることができます。一旦工事を開始してしまうと工事費の支払いが発生してしまうので、キャンセルするなら必ずこの時に行いましょう。

NURO光の宅外工事ができない場合はNTTに関連する理由が多い

現地調査をした結果、NURO光の契約を断られてしまった例もいくつか報告されています。その理由としてよく挙げられているのはNTTに関連する事情やNTT側の工事が困難であるといったものとなっています。たとえばNTTによる工事は光ファイバーケーブルを電柱から宅内まで引き込む作業になりますが、立地条件によってはケーブルを家まで伸ばすことができない状況になることもあり得ます。

NURO光の宅内工事ができない場合は光ファイバー網が引き込めない理由が多い

NURO光の申し込みをして一度目の宅内工事に取り掛かったものの、その段階で契約がストップされてしまうケースも存在しています。宅内工事ではその後に行われる二度目の屋外工事でどのように光ファイバーケーブルを引き込んでいくのか、その計画も立てることになります。そのため調査段階で電柱から光ファイバーケーブルを引き込めない可能性が高いとなれば、それ以上工事を進めるわけにはいかなくなるからです。

NURO光の工事のキャンセル料は基本かからないが、屋外工事後や屋外工事日前日は解約扱いとなり工事費と違約金が必要になる可能性がある

NURO光を何らかの理由で工事途中にキャンセルすることになった場合、二度目の工事に当たる屋外工事予定日の二日以上前までのキャンセルであれば基本的にキャンセル料はかかりません。しかし屋外工事がすでに完了してしまったあとであったり、工事準備がすでに始まってしまっている前日以降での緊急のキャンセルになると解約と同じ扱いになり工事費の残債や違約金をそっくり払うことになる可能性が高くなります。

NURO光の開通前のキャンセルは宅内工事前か屋外工事前、屋外工事前日以降で扱いが変わる

NURO光の開通前にキャンセルを申し出る場合、工事の進捗段階によって対応が変わってきます。宅内工事より前の段階であれば電話連絡をするだけで簡単にキャンセル可能です。宅内工事後のキャンセルでは解約後にONUの返却を行います。またキャンセル料はかかりませんが原状回復や補修を要求すると別途工事費が発生します。屋外工事の前日以降のキャンセルからは解約扱いとなり違約金などが発生するようになります。

NURO光の宅内工事後のキャンセル料はかからないが、撤去工事費は10,000円必要

NURO光の契約をキャンセルする場合、一度目の宅内工事後のタイミングではキャンセル料は発生しません。宅内工事時に用意されたONUは解約の四日後以降の希望日に業者へ返却することになります。ただし宅内工事で設置された光キャビネットや光コンセント、新たな配線などを完全に撤去したい場合には撤去費用として10,000円がかかります。撤去自体は任意ですので、原状回復の必要がなければそのままでも大丈夫です。

NURO光の工事前であっても、屋外工事前日以降のキャンセルは解約扱いとなる

NURO光の契約をキャンセルする際に注意しておきたいのは、キャンセル料のかからない最後のタイミングが屋外工事の二日前までとされている点です。屋外工事の前日や当日にキャンセルを申し込んでも手遅れなので、必ず屋外工事の二日以上前までにはキャンセルの連絡をしておきましょう。また代理店経由で契約を進めていた場合、キャンセル引き止めなどが起こることも考えてより早期に申し込みをしておいた方が安心です。

NURO光の評判を確認したい場合はこちら