NURO光をマンションで使う場合は、まずは通常のNURO光よりも安い「NURO光 for マンション」が導入されているかを確認を行おう

目次

NURO光をマンションに導入する時の仕組みは、「NURO光 for マンション」と「NURO光マンションミニ」で2つある 

NURO光をマンションに導入する際の仕組みは、「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」の2つです。「NURO光 マンションミニ」は一戸建て用プランである「NURO光 G2V」とサービス内容が同じで、1~8階までの部屋で導入できます。「NURO光 for マンション」は8階以上の部屋でも導入できますが、加入者が4名以上いないと利用できません。状況に応じて、プランを使い分けましょう。

「NURO光 for マンション」は最低4人(4世帯)以上の契約者がいないと利用できないが、7人(7世帯)以上から利用料金が割引される 

「NURO光 for マンション」を契約する際は、4世帯以上の契約者が必要なので注意しましょう。契約者が4世帯未満の場合は、申し込みが不可能です。何らかの事情で契約後に4世帯以下になると、強制解約となってしまいます。利用する場合は、同じマンションに住む住人に声をかけ、契約者を集めましょう。加入者数が増えると利用料金が割引されるため(7人以上から)、なるべく多くの方に契約してもらうのがおすすめです。

「NURO光 for マンション」の導入エリアは、NURO光公式ページで確認出来るので事前にチェックしよう 

「NURO光 for マンション」を導入する際は、マンション内にNURO光の設備が導入されているかチェックなければなりません。導入していなければ、サービスの利用が不可能となるからです。NURO光の公式サイトで、「NURO光 for マンション」が導入されているマンションを事前に検索できる機能を使い、事前にチェックしましょう。2019年10月現在では、約約40,000戸(約5,000棟)が対応しています。

「NURO光 for マンション」はNURO光公式サイトのマイページ、「NURO光 マンションミニ」はSo-netのマイページで登録情報や支払い方法を確認する 

「NURO光 for マンション」と契約すると、登録情報や支払い方法がNURO光公式サイトのマイページで確認できます。定期的にログインし、導入費用の残債などをチェックしましょう。「NURO光 マンションミニ」の場合は、NURO光公式サイトではなくプロバイダであるSo-netマイページで確認します。各サービスごとにマイページの場所が違うので、間違えないようにしましょう。

「NURO光 for マンション」を解約する際、利用年月が2年未満だと契約解除料9,500円(税抜)が発生するので、2年間は利用しよう 

「NURO光 for マンション」を解約する際は、違約金や契約解除料に注意しましょう。「NURO光 for マンション」の契約は2年縛りとなっており、2年未満で解約すると契約解除料9,500円(税抜)が発生します。契約を解約したくなった場合は、2年間利用して更新月のタイミングで行うのがおすすめです。契約は自動更新なので、更新月がいつになるかはこまめにチェックしましょう。

「NURO光 for マンション」は、加入者が4人(4世帯)以下になると強制解約となり、違約金9,500円(税抜)と工事費残債を支払う必要がある 

「NURO光 for マンション」を契約後、何らかの理由で加入者が4人以下になると、サービスを強制解約されてしまうので注意しましょう。それだけでなく、違約金9,500円(税抜)と工事費の残債も請求されてしまいます。このような事態を避けるため、加入者とはこまめに連絡を取り合い、近況を確認するのがおすすめです。もし「解約を考えている」という方が現れたら、加入者全員で対策を協議してください。

「NURO光 for マンション」の月額料金には「Hands-up会費」という料金が含まれており、加入者を増やせば減額できる 

「NURO光 for マンション」の月額料金は、基本料金1,600円(税抜)の「基本料金」のほかに、「Hands-up会費」も含まれています。Hands-up会費は「NURO光 for マンション」の導入費・維持費として利用される料金で、契約者が4人以上6人以下の場合は900円(税抜)です。加入者を増やすと800円(税抜)、700円(税抜)と減っていくので、契約の段階でなるべく多く集めましょう。

NURO光公式サイトでエントリーフォーム記入を行えば、住んでいるマンションが「NURO光 for マンション」に対応しているか分かる 

「NURO光 for マンションを始めたいけど、自分の住んでいるマンションが対応しているか分からないなぁ…」という場合は、NURO光の公式サイトでエントリーフォームに記入してましょう。マンション名を記入した際、対応していればリストに表示されます。リストに表示されない場合は対応していないので、「NURO光 マンションミニ」を申し込む、対応しているマンションを探してみるなどの対策が必要です。

「NURO 光 マンションミニ」は2階以上に住んでると申し込みできなかったが、現在は8階に変更されている 

一名(一世帯)から申し込める「NURO 光 マンションミニ」ですが、以前は「申し込めるのは2階以下に住んでいる方だけ」という難点がありました。ですが、2017年から7階まで、2019年から9階まで申し込み可能と緩和が進んでいます。「NURO光 for マンション」は加入者が4人以上必要と導入までのハードルが高いので、手軽に利用したい方は「NURO 光 マンションミニ」がおすすめです。

「NURO光 for マンション」は、NTTの「フレッツ光マンションタイプ」より回線速度、月額基本料金で勝っている 

「NURO光 for マンション」とNTTが提供する「フレッツ光 マンションタイプ」を比較した場合、まず勝っているのが回線速度です。元々最大速度2GbpsとNURO光が勝っている上に、利用者の多いフレッツは回線速度が低下しやすい状況となっています。月額基本料金も、「NURO光 for マンション」が1,900~2,500円(税抜)に対し「フレッツ光 マンションタイプ」が3,050円~4,050円と大きな差が出ます。

「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」でVPNサービスを利用すれば、IPアドレスを固定できる 

「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」を利用していると、IPアドレスが海外IPになる時があります。NURO光は変動IPアドレスを採用しているので、タイミングによっては海外IPに切り替わってしまう場合があるのです。VPN(バーチャルプライベートネットワーク)でネットワークを構築すれば、NURO光のIPアドレスが固定化されるのでおすすめです。

「NURO光 for マンション」、「NURO光 マンションミニ」のキャンセルは、屋外工事予定日の前日までに行おう 

「NURO光をマンションに導入しようと申し込んだけど、やっぱりキャンセルしたい…」となった場合、期限があるので注意しましょう。「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」は、屋外工事予定日の前日までならキャンセルが可能です。これ以降になると、キャンセルしても工事費(30,000円以上)を請求されてしまいます。不要となった段階で、速やかに申請しましょう。

「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」のプロバイダはSo-netしか選べないので契約時に注意しよう 

「NURO光 for  マンション」と「NURO光 マンションミニ」のサービスを提供しているプロバイダは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する「So-net」しか選択できません。他の光回線サービスのように、複数のプロバイダから選択することは出来ないので注意しましょう。他のプロバイダのサービスから乗り換える場合、違約金が発生する場合もあります。

「NURO光 for マンション」を10人以上で契約すると、月額利用料金が1,900円(税抜)となるのでおすすめ 

「NURO光 for マンション」は、利用者数が増えれば増えるほど、月額利用料金2,500円(税抜)が安くなるという特徴があります。特に、10人以上で契約すれば、基本料金1,600円(税抜)とHands-up会費300円(税抜)の1,900円まで値下げされるのでおすすめです。契約者数が4人以下になると強制解約となるので、契約時は可能な限り利用者を集めましょう。

NURO光をマンションに導入する際の条件は、「物件がNURO光の導入条件を満たしているか」と「所有者が承諾しているか」の2つ 

NURO光をマンションに導入する際は、上記2つの条件を満たす必要があります。「物件がNURO光の導入条件を満たしているか」は、NURO光公式サイトでエントリー手続きをすると確認可能です。「所有者が承諾しているか」については、プロバイダであるSo-netが、マンションのオーナーや管理会社に問い合わせて交渉を行ってくれます。承諾が得られれば、現地調査後に工事が開始されます。

NURO光をマンションに導入する際は、無線ではなく有線接続にすると速度がアップする  

「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」は 通信速度が最大2Gbpsと非常に高速なサービスです。ただし、マンションで利用する以上、回線設備を複数で共有することによる速度低下の可能性があります。そのような場合は、無線ではなく有線でNURO光を利用しましょう。19:00~24:00のようなインターネット利用者の多い時間帯でも、遅延することなく高速通信を楽しめます。

「NURO光 for マンション」を導入するときの流れが知りたければ、公式サイトの「ご利用開始までの流れ」をチェックしよう 

「NURO光 for マンション」がどのように導入されるかは、公式サイトの「ご利用開始までの流れ」をチェックするとよくわかります。設備導入済み・設備導入なしの2パターンでエントリー~導入までの流れを解説しており、そのまま申し込みページに遷移することも可能です。内容をしっかり確認し、スムーズな導入が行えるようにしましょう。設備導入なしの場合の方が、導入まで時間がかかるので注意が必要です。

「NURO光 マンションミニ」は、戸建てプラン「NURO光 G2V」と全く同じ内容

「NURO光 マンションミニ」は、戸建てプランである「NURO光 G2V」と月額料金・回線速度が共通の全く同じプランです。元々「NURO光 G2V」をマンションの低層居住者に提供しており、利用者の拡大に伴って「NURO光 マンションミニ」と改称したという経緯があります。現在は8階まで「NURO光 マンションミニ」を適用可能となっており、幅広い方が利用可能なサービスです。

「NURO光マンション みんなの応募状況」では、サービスの利用状況が確認できるので一度閲覧してみよう 

「NURO光 for マンション」がどれだけのマンションに導入されているか知りたい方は、公式サイトの「NURO光マンション みんなの応募状況」をチェックしましょう。加入者を募集中の物件、オーナーと交渉中の物件、現地調査中の物件、導入工事が完了した物件の4つの観点で利用状況が把握できます。自分が住んでいるマンションにNURO光が導入されているか確認できる、検索機能も利用可能です。

「NURO光 for マンション」を関西エリアで利用できない場合は、8階以下の部屋なら「NURO光 マンションミニ」に申し込もう 

「NURO光 for マンションを関西で導入したい」となった場合、物件にNURO光の設備が導入されているかが重要となります。もし導入されていない場合は、「NURO光 for マンション」は利用できません。ただし、住んでいる部屋が8階以下なら、「NURO光 マンションミニ」に申し込むこともできます。「NURO光 for マンション」より高額ですが、一人から申しむことが可能など利便性は高いです。

「NURO光 for マンション」や「NURO光 マンションミニ」を新規に申し込むと、お得なキャンペーンを適用できるので利用しよう

「NURO光 for マンション」や「NURO光 マンションミニ」に申し込むと、お得なキャンペーンを適用できます。「NURO光 for マンション」なら10,000円キャッシュバックや36ヵ月割引、「NURO光 マンションミニ」なら基本工事費無料や35,000円キャッシュバックなどを利用可能です(2019年10月現在、申し込み先によって変動)。予告なくキャンペーンが終了する場合もあるので、早めに申し込みましょう。

「NURO光 マンションミニ」に申し込むと、キャッシュバックキャンペーンでPS4が買える 

「NURO光 マンションミニ」に申し込むと、PS4を購入することができます。NURO光の公式サイトで、NURO光の申し込み・回線開通を行った方に「33,000円キャッシュバックキャンペーン」を展開しているからです(2019年10月)。キャッシュバックはソニーストアでも利用できるので、PS4やPSVRを購入可能です。NURO光ならゲームを高速通信で楽しむことができるので、ぜひ利用しましょう。

「NURO光 マンションミニ」は、加入者が一人でも申し込めるというメリットがある 

「NURO光 for マンション」が申し込み時に四人以上の加入者を必要とするのに対し、「NURO光 マンションミニ」は加入者一人でも申し込めるというメリットがあります。最初は低層階しか対応していませんでしたが、近年は1~8階まで申し込み可能と範囲が拡大しています。ただし、開通まで1~2ヵ月かかるケースがある、月額利用料金が4,743円と高額というデメリットもあるので注意しましょう。

NURO光をマンションで利用する時は、通信設備がどうなっているか確認しよう

「NURO光 for マンション」や「NURO光 マンションミニ」を導入する際、まず必要なのが「物件の通信設備がどうなっているか」です。NURO光の導入の可否は物件の状況によって決まることが多く、「工事直前で、NURO光が導入できない物件と判明してキャンセルとなった」というケースもあります。管理会社に、「NURO光の導入を考えているか可能か」を問い合わせましょう。

NURO光をマンションに導入するときは、工事のための現地調査が必要

NURO光をマンションに導入するために物件管理者から許可をもらうと、工事のための現地調査が始まります。回線をどのように引き込むのか、機器をどのように取り付けるか、工事の日時はいつにするかなど、詳細な設定を決定していくのです。ただし、現地調査を行った際、物件がNURO光の導入に適していないと判断される場合があります。その場合は、工事がキャンセルされるので注意しましょう。

「NURO光 for マンション」はNURO設備を導入済みのマンション、「NURO光マンションミニ」は設備未導入のマンションで利用可能 

「NURO光 for マンション」はNURO設備導入済みのマンションのみ対象ですが、「NURO光 マンションミニ」は工事を行えばNURO設備未導入のマンションで利用可能です。ただし、「NURO光 マンションミニ」は8階以上の部屋には導入できませんし、導入工事が1~2ヵ月かかるというデメリットもあります。各々の導入条件とサービス内容を比べ、よりお得に利用できる方を選択しましょう。

「NURO光 マンションミニ」は、MDFという機器が設置されていれば賃貸マンションでも工事が簡単 

「NURO光 マンションミニ」の工事を行う際、物件にMDF(通信回線を管理する配電盤)という機器が設置されているか確認しましょう。MDFが設置されていれば、大掛かりな工事を行ったり壁に穴をあけたりする必要がなくなります。物件の管理者に確認し、MDFがあれば工事業者に報告してください。ただし、通常は鍵がかけられているので、工事当日には開錠しておくよう管理者に要請しましょう。

NURO光をマンションに導入する場合、総会決議で了承を得る必要がある物件もあるので根回しを行おう 

NURO光をマンションに導入するには管理会社の許可に加え、管理組合での総会決議が必要な場合もあります。マンションには通常複数の世帯が居住しており、「工事を行う必要があるNURO光を導入すべきか?必要ないのではないか?」という意見が出ることも。もちろん、総会で決議が出なければ、NURO光の導入は取りやめとなってしまいます。総会がある場合は、参加者へ事前に根回しを行いましょう。

NURO光は、マンションの物件状況により導入不可能の場合無料でキャンセルできる 

管理者や許可を経て、いざ導入!となっても、物件によっては導入出来ない場合があります。電柱が地下に埋設されている、国道が近くにある、回線が私有地を通ってしまうなど、物理的な理由で工事が不可能な物件があるからです。NURO光側も最善を尽くしますが、どうしようもならないケースもあるので注意しましょうただし、工事不可能でキャンセルとなった場合は、解約料は不要です。

NURO光設備導入済み賃貸・マンションなら、「NURO光 for マンション」を導入できる

あらかじめ「NURO光」の設備が導入されているマンション・賃貸なら、「NURO光 for マンション」を導入できます。「NURO光 for マンション」は利用料金が安い・光電話やセキュリティのオプションが豊富というメリットがあるので、「NURO光」の設備が導入されている場合におすすめです。導入されていない場合は、「NURO光 マンションミニ」に申し込みましょう。

NURO光は、UR賃貸や公営団地では利用が難しいが、NURO光の設備が導入されていれば可能

NURO光をUR賃貸や公営団地で加入する場合、かなりハードルが高いので注意しましょう。大規模な集合住宅は、建物が指定するインターネット回線を利用するのが一般的だからです。管理組合からの承認や役所の決議も必要で、難易度が高くなります。ただし、物件に元々NURO光の設備が導入されていれば可能です。検討する場合は、まず設備が導入されているか確認しましょう。

NURO光を分譲マンションで利用する場合、回線網が整備されていないと許可が必要

分譲マンションに導入する場合、NURO光の回線網がすでに整備されていれば、管理会社に許可を得る必要はありません。ただし、共有部分での工事が必要だったり、回線がまったく未整備だった場合は、管理会社に前もって許可を得る必要があります。マンションを管理している不動産会社に問い合わせる・NURO光側に事前に相談するなどして、工事の際トラブルが発生するのを未然に防ぎましょう。

「NURO光」の提供エリアであっても「NURO光 マンションミニ」を利用できない場合があるので、公式サイトで確認しよう 

「NURO光」は関東・関西・東海・九州で提供されていますが、そのエリアに該当するからと言って、「NURO光 for マンション」を利用できるとは限りません。「NURO光 for マンション」は、事前にNURO光の設備が導入されていないと利用不可能だからです。自分の住んでいるマンションが「NURO光 for マンション」に対応されているかそうかは、公式サイトで確認しましょう。

「NURO光 for マンション」は、「回線が早くて安い」という口コミが多い 

「NURO光 for マンション」は、インターネットやSNSで「回線が早くて安い」という口コミが多数寄せられています。月額利用料金が1,900~2,500円(税抜)と他サービスより安い・回線速度が最大2Gbpsと非常に早いという点が口コミの理由です。最大35,000円のキャッシュバックキャンペーンが展開されているのも、口コミで肯定的に評価されています(2019年10月現在)。

「NURO光 for マンション」の評判はいいが、「キャンセルすると違約金を請求される」という声もある 

肯定的な口コミの多い「NURO光 for マンション」ですが、「キャンセルすると違約金を請求された!ひどい!」という一部辛口のレビューも見受けられます。工事日の前日以降にキャンセルすると、違約金9,500円(税抜)や工事費用(30,000円以上 税抜)を請求される点が辛口コメントの理由です。工事日の前日までにキャンセルすると無料でキャンセルできるので、早めに申し込みましょう。

「NURO光 for マンション」は2chでは「ハードルは高いが、導入する価値は高い」と評価されている 

匿名サイト「2ちゃんねる」では、「NURO光 for マンションは、ハードルは高いが、導入する価値はある」とする口コミが多いです。月額料金の安さというメリット・対応している物件の少なさや加入者が4人以下は強制解約されるというデメリット双方を加味しての評価となっています。加入するための条件は確かに多いですが、一度導入できればメリットは大きく、検討に値します。

「NUROをマンションに導入すると、回線が早くなった!」と紹介するブログが多い 

住んでいるマンションにNURO光を導入した方のブログの多くが、「NURO光を導入して通信速度が速くなった!」とレビューしています。通信速度が最大2Gbpsと超高速であること・NTTの回線と比べ利用者が少なく混雑しにくいというメリットが、このようなレビューが多い原因です。ただし、あくまで理論値であり、実際の速度が事前の説明と違う場合もあるので注意しましょう。

「NURO光 for マンション」「NURO光 マンションミニ」は悪質な電話・訪問営業に注意 

NURO光は優れたサービスですが、マンションに悪質な電話・訪問営業が行われ、「NURO光 for マンション」や「NURO光 マンションミニ」をしつこく勧誘されるケースもあるので注意しましょう。悪質な営業はNURO光の代理店で、成約時の高額なキックバックのために強引な営業をしかけてきます。NURO光導入を検討していりう場合でも、悪質な代理店営業に発注するのは控えましょう。公式サイトから直接申し込むのが無難です。

NURO光がマンションで使えなくなったら、公式の「障害・メンテナンス情報」のチェック・テクニカルセンターへの連絡を行おう 

「NURO光が突然止まってしまった…再起動したり接続を見直したりしたけど治らないし、復旧方法が分からない」となった場合は、まず公式の「障害・メンテナンス情報」を確認しましょう。障害が発生した利用者が共有すべき情報が記載されており、復旧のヒントになります。どうしても復旧できないという場合は、無理に直そうとせず、テクニカルセンターに連絡して支持を仰ぎましょう。

「NURO光 for マンション」の工事は1回、「NURO光 マンションミニ」の工事は2回必要 

「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」の工事工程には違いがあります。マンションにNURO光設備が導入されていることが前提の「NURO光 for マンション」は宅内工事1回で開通できますが、NURO光設備工事の導入から始める「NURO光 マンションミニ」は宅外工事+宅内工事の2つが必要です。よって、開通までの期間も「NURO光 マンションミニ」の方が長くなります。

NURO光 をマンション に導入する際、大家さんには「10~15分で終わる簡単な工事」「退去時には現状復旧する」と伝えよう 

NURO光をマンションに導入する際は、工事を行う許可を大家さんから頂く必要があります。その際、単に「工事を行う」と伝えると「大規模工事で周辺住人に迷惑が掛かるのではないか」と懸念を持たれてしまうので注意しましょう。「10~15分で終わる簡単な工事である」、「退去時には、きちんと現状復旧を行って返還する」と伝えれば、大家さんの懸念が減り、工事の許可を得やすくなるのでおすすめです。

NURO光をマンションに導入すると、光配線方式で速度が速い 

NURO光がマンションでも高速なのは、光配線方式を採用しているからです。マンションでのインターネット回線は、一部の回線に電話回線を利用したVDSL配線と光ファイバーを利用した光配線方式があります。光配線の方が高速を維持しやすいメリットがあるので、多数の利用者がいるマンションでも高速を維持できるのです。フレッツ光やauひかりなど他社の競合はいまだにVDSL配線なので、NURO光の大きな強みとなっています。

NURO光は、MDFと電話配管がないとアパート・集合住宅で工事ができないので注意

NURO光をアパート・集合住宅に導入する際、必要となるのがMDF(電柱から物件に光ファイバーを引き込む配電盤)と宅内に光ファイバーを引き込むための電話配管です。今ではほとんどのマンションにありますが、築年数が古い・小規模な物件では存在しない可能性もあります。壁に穴をあけるなど工事を行ってNURO光を利用できる場合もありますが、大家から許可が下りないと工事自体出来ないので気を付けましょう。

「NURO光 for マンション」は1回線を複数人で共有するので、速度が遅い場合がある

高速の「NURO光 for マンション」を導入したはいいが、速度がどうにも上がらない…と不満を持つユーザーがいます。実は、「NURO光マンション」は一つの回線を同じマンションの加入者全員で共有するので、混雑して速度が低下する場合があるのです。通信速度を改善したい場合、LANケーブルを最新の物に交換する・夜間など混雑しやすい時間帯を避けるなどの対策がおすすめです。

NURO光をマンションに導入する際、VDSL回線は利用しない 

NURO光をマンションに導入する際、電話回線を利用したVDSL回線は一切利用しません。「NURO光 for マンション」も「NURO光 マンションミニ」も、光ファイバーを利用した光配線方式を利用しています。光配線方式はVDSL回線よりも高速なので、多数の居住者がいるマンションでも、インターネットを快適に利用することができます。「マンションでもインターネットを快適に利用したい」という方におすすめです。

「NURO光 for マンション」の速度は、あくまでもベストエフォート 

高速通信ができることをウリとしている「NURO光 for マンション」ですが、下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsの速度というのはあくまで「ベストエフォート」なので注意が必要です。「ベストエフォート」とは、「努力はしているが、どのような状況でも同じ速度が出るとは限らない」という意味です。どのような環境でも、確実に超高速通信が出来るわけではないので注意しましょう。

NURO光のマンションでのスピードは10Gプランなら最大10Gbps

NURO光のマンションでの最高スピードは、これまで2Gbpsでした。しかし、近年10Gプランという新たなプランが誕生しており、これによって最大速度が10Gbpsとなっております。今のところ世界で最速のインターネット回線速度であり、頻繁に大容量のデータ通信を行う方におすすめです。ただし、通常のインターネットを行う分には過剰といえる速度なので、導入の際は慎重に検討しましょう。

NURO光のスピードをマンションで実測しても、非常に高速であるという結果が出た

「NURO光が早いと言ってもそれは理論値で、実測はたいしたことないのではないか…」という声がネットでは見受けられます。試しに300人分の速度を実測したサイトによると、下りで約500Mbps、上りでは約400Mbpsという結果が出たそうです。ただし、auひかりの平均よりも100Mbps、フレッツの光の平均に至っては倍以上の速度が出るので、「ベストエフォート通りではないが、競合サービスよりはるかに高速」と言えそうです。

NURO光の速度がマンションで不安定な場合は、新型ONU「HG8045Q」や「ZXHN F660A」に交換しよう

「NURO光 for マンション」や「NURO光 マンションミニ」が不安定になりがちな場合、ONUに問題がある可能性があります。「HG8045Q」や「ZXHN F660A」が最新型のONUなので、これ以外の機種であった場合は、交換を検討しましょう。NURO光のテクニカルセンターや、So-netの会員専用ページで交換申し込みが可能です。

「NURO光 for マンション」をマンション・アパートで利用する場合の月額料金は、大勢で利用すると1,900円(税抜)まで下がる

「NURO光 for マンション」をマンション・アパートで利用する際の料金は、利用者が増えるほど減額されます。6人以下の場合は2,500円(税抜)ですが、10人以上になると1,900円(税抜)まで減額されるのです。加入者4人以下となると強制解約になるサービスでもあるので、加入者は事前に出来るだけ募りましょう。ただし、あまり多く加入者が出ると、回線が混雑する可能性があるので注意が必要です。

「NURO for マンション」を利用する場合の初期費用は、工事費40,000円(税抜)、事務手数料3,000円(税抜)

「NURO光 for マンション」を利用する際の初期費用は、工事費用40,000円(税抜)、事務手数料3,000円(税抜)となっています。工事費用は36階の分割払いとなるので、月々の支払いは少額で済増すことが可能です。ただし、何らかの原因で工事費前日以降に「NURO光 for マンション」をリセットした場合、工事費用の支払い義務はそのまま継続するので注意しましょう。

「NURO光 for マンション」は月額2,500円~1,900円(税抜)、「NURO光マンションミニ」は月額4,743円(税抜)の利用料金がかかる

「NURO光 for マンション」は、「NURO光 マンションミニ」よりも利用料金が安価です。「NURO光 for  マンション)」が月額2.500~1,900円(税抜)なのに対し、「NURO光 マンションミニ」は月額4,743円(税抜)となります。ただし、「NURO光 マンションミニ」は一人でも申し込める、回線を個人専用で使うので混雑しにくいといったメリットもあります。

「NURO光 for マンション」の月額利用料金は、最大2,500円(税抜)

「NURO光 for マンション」の月額利用料金は、6人以下で利用する場合の最大2,500円(税抜)です。利用者を増やせば増やすほど減額されるので、「NURO光 for マンション」を利用する際にできるだけ集めましょう。加入者が4人以下となると、解約されるデメリットもあるので注意が必要です。申し込み時に出来るだけ人数を集め、「NURO光 for マンション」を安定して利用しましょう。

「NURO光 for マンション」を1人~6人で利用するときの月額料金は2,700円(税込)だったが、増税で2,750円(税込)となる

2019年9月まで、「NURO光 for マンション」を1~6人で利用する際の月額利用料金は、2,700円(税込)でした。しかし、2019年10月からの増税で、2,750円(税込)となっているので注意しましょう。インターネットの解説サイトの多くが更新されておらず、2,700円税込)の古い情報のままで解説しているサービスが多数あります。インターネットの情報を無暗に鵜呑みにせず、公式サイトで確認しましょう。

「NURO光 for マンション」は、競合サービスよりも利用料金が安い

「NURO光 for マンション」はライバルである他社の光回線サービスよりも、利用料金が安価です。他社サービスが月額料金5〜6,000円なのに対し、2,750円(税込)という破格の価格で利用できます。光配線方式により、VDSL方式を利用している他社サービスより通信速度も高速なので、「マンションで安価かつ快適にインターネットがしたい」という方はNURO光がおすすめです。

「NURO光マンションミニ」を更新月以外で解約するときの違約金は9,500円(税抜)

「NURO光 マンションミニ」は、自動延長形式の2年年契約となっています。導入してから2年未満で解約、更新月以外で解約を行うと、9,500円(税抜)の違約金を請求されるので注意しましょう。違約金なしで解約するには、最低2年間利用し、更新月のタイミングで解約を行うというプロセスを経る必要があります。利用状況を公式サイトでチェックし、最適なタイミングで解約を行いましょう。

NURO光は戸建てタイプとマンションタイプに分かれている

NURO光は、戸建てタイプとマンションタイプで利用料金・導入の流れが違います。戸建てタイプは2G・6G・10プランの3種類、マンションタイプは「NURO光 for マンション」と「NURO光 マンションミニ」の2種類あるなど、体系が複雑なので注意しましょう。戸建ては基本プランである2Gプラン、マンションは一人からでも申し込める「NURO光 マンションミニ」がおすすめです。

NURO光の戸建てプラン「NURO光 G2V」は、アパート・マンションのプラン「NURO光 マンションミニ」と内容が同じ

NURO光の戸建てプラン「NURO光 G2V」は、アパート・マンションのプラン「NURO光マンションミニ」と内容がほとんど同じです。もともと戸建て住宅で「NURO光 G2V」を利用していた方なら、乗り換えがしやすくなります。「NURO光マンションミニ」は8階までの居住者が利用できるサービスとなっているので、マンション・アパートの1~8階に居住の方は利用を検討してください。

「NURO光マンションミニ」と「NURO光 for マンション」は、加入条件・月額料金・キャンペーンが大きく違う

「NURO光 マンションミニ」と「NURO光 for マンション」は、一般のNURO光のプランと比べて加入条件・月額料金・キャンペーンが大きく違います。「NURO光 for マンション」は月額料金が屋安いというメリットはありますが、加入者が4人以下で強制解約・同一の回線を複数で共有するなど混雑しやすいなど、「NURO光 マンションミニ」と比べ癖の強いポイントが多いので気を付けましょう。